ずぼランナーの、いつかはサブ3

いま走りたくなるメディア「スポリート」の開発ディレクターでありサブ3.5の市民ランナー。きつい練習はしない。月間走行距離は100kmちょっと。

半年間付き合った膝痛が3日で治った話

こんにちは、ずぼランナーです。


ずぼらで3日坊主で根性なしの自分が、5年もランニングを続けられているのにはいくつか理由があるんだと思います。


今日はその一つ、故障対策のお話。


ランニングを始めて間もない頃、膝が痛くなりました。
初心者がリカバリーもせず走ってるとマラソンの神様から罰として与えられるアレです。


痛いのは困るので、とりあえず整形外科に行ってみたんですが
レントゲンを撮られ


医者「折れてませんね(ガッカリ)」


高価な湿布が保険適用で買えてお得だなって思って何度か通ってみたり・・
ランニングタイツを買ってみたり・・


色々試したんですが一向に良くならないし、
そういうもんだと思って、我慢して16kmの藤沢市民マラソンに出たりもしていました。


そんな痛みと付き合い始めて半年が経った頃、たまたま通勤途中の接骨院で、運命の出会いを果たします。


「ハイボルト」


恥ずかしい格好にされてビリビリされました。


語彙力が足りないので絵にします。


ビリビリと電気を流します。
その名の通り高電圧の電気らしく、低周波やEMSと違ってめちゃくちゃ痛いです。


不思議なのは、痛む所と別の所に電気を流すんですね。


※赤いパンツは履いておりませんでしたが、恥ずかしさを強調するために赤にしました。


先生「明日も来れますか?」


おれ「はい」


先生「じゃあ明日も来て下さい」


おれ「今日練習しようと思ってるんですが、軽めにしといた方がいいですか?」


先生「沢山走ってください」


おれ「えーー!!!」


そんな流れで3日連続通ったら、あの半年間も苦しんだ痛みが綺麗サッパリ消えたのでした。


これでまた楽しく走れる!!


今思えば筋力不足とかリカバリー不足とかオーバーワークとか色々な原因が考えられるんですが、ちゃんとした人にちゃんとしたアドバイスをされてたらマラソン辞めてたかも知れません。


ずぼらなので・・・。


ハイボルトについては、もう少し細かく所感を述べたいのですが
専門家じゃないので言葉を選び選びまたの機会に・・・。


ちなみにこの数日後、調子にのって走っていたら反対側の膝が痛くなったのは言うまでもありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。