ずぼランナーの、いつかはサブ3

2人娘のパパ。いま走りたくなるメディア「スポリート」の開発ディレクターでありサブ3.5の市民ランナー。きつい練習はしない。月間走行距離は100kmちょっと。

シンコ・デ・マヨ party

こんにちは、ずぼランナーです。


いよいよ今月第二子が生まれる予定です。

もう当面休日や昼間は走れません。


と、いうことで今日は米軍基地内の一般家庭で英会話を学べるマミーズイングリッシュスクールが主催する「シンコ・デ・マヨ」というパーティーに3歳の娘と二人で行ってきました。


もともとメキシコの独立記念だか何かのお祭りで、近年アメリカでも流行っているらしいのですが、とにかく趣旨がなんだか良く分からない。


良く分からないけど仮装すればいいんでしょっていう日本版ハロウィンのような立ち位置の、アメリカ版メキシコ祭りといった所です。


10数組の親子が来ましたが、父親連れは自分一人。他はみんな母親連れ。

ここは逆転の発想で、人妻の中に男が俺一人と考えよう。いや、そのままか。


カラフルに飾った馬がこのお祭りのマスコットキャラらしいのですが、オリジナルを見たことがない日本の子供達。先生に言われるがまま、というか先生の言ってる事もみんな理解出来ていないのでただ見よう見まねで思い思いの馬を作る。



左上の二つが先生の子供が作った、比較的オリジナルに近いであろう馬。


単色で塗ったりする子供が多かったので、「みんな、オリジナルの馬みたことないと思うんだけど・・・」って先生に言ったら、「私の旦那も、スコットランド人なんだけど、最初に作ったらこんなだったよ」と爆笑されました。


そんなノリでいいんだ。


他にもメキシコにちなんだギターを工作で作ったり、ちょっとしたゲームをしたりと、アメリカ人の休日を堪能した3時間でした。

GWはどこにも連れて行けなかったので、ちょっとは楽しい思い出が出来たかな?


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。