ずぼランナーの、いつかはサブ3

いま走りたくなるメディア「スポリート」の開発ディレクターでありサブ3.5の市民ランナー。きつい練習はしない。月間走行距離は100kmちょっと。

フォーム改造の代償?

こんにちは、ずぼランナーです。

今日は仕事から帰ってきて夜ランをしてきました。


前回22km走ってから中5日。

今月はここまで81kmだったので、もう20km走ってノルマの100kmを達成しておこうと思ったのですが・・・。


2〜3kmあたりから左足の親指の付け根に違和感が。


思い起こせば前回の22km走。

足首の安定性をアップさせるために、足の外側を意識して着地、蹴り出しをしてみたんだった。


普段使わない筋肉に負担がかかっていたんだと思います。


この一年痛みらしい痛みも無かったし、我慢すれば全然行けそうだったんですが、大事をとって10kmでやめておこう


って思いつつ、信号待ちの時に腓腹筋やその周辺をグリグリしてみる。


おっ?

痛みが和らぐ?


ははーん。

犯人はこの中にいるな。


ねぇねぇ、小五郎のおじさんが犯人が分かったからみんなを集めて来てって、


とか言いながら14kmでフィニッシュ。


走り足りない。

走り足りないんですが、これで今月の累計は95kmに。


残りの5kmは、足の違和感を治して今月中に必ずあと一回走るぞという、自分への置き手紙です。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。