ずぼランナーの、いつかはサブ3

2人娘のパパ。いま走りたくなるメディア「スポリート」の開発ディレクターでありサブ3.5の市民ランナー。きつい練習はしない。月間走行距離は100kmちょっと。

紅ズワイガニが到着。あと周回コースでの給水について

こんにちは、ずぼランナーです。

男鹿市のふるさと納税の返礼品、紅ズワイガニが届きました。


カニが死ぬほど好きな我が夫婦。
子供が産まれる前は、記念日やら何やらで年2回くらいはかに道楽に行っていたのですが、あの猛獣(娘3歳)が産まれてからはほとんど行けていません。


時々テレビで、自分の自治体に税金を払わないと公共サービスが・・・(うんたらかんたら)


うるせえ!俺に言うな制度作った奴に言え!


今宵はカニ祭りじゃあぁ!





それはさておき、友人がfacebookで次のような投稿をしていました。

5kmを周回する大会で、給水所で立ち止まって給水をしているランナーに、「止まらないで〜」と叫びながら周回でやってきた速いランナーが突っ込んで来ました。

給水所で止まっちゃいけないの?

※友達にのみ公開になっていたので、要約しています。



きっと、読んだ方のペースによっても感じる事は違うのではないでしょうか。


先日エイドの近くでフルマラソンの応援をしていて気付いたのですが、前のランナーと後ろのランナーでは別の競技かってくらいコップの取り方が違うんですよね。


これって自分の目で見たことがある人じゃないとイメージしにくいかとは思いますが。


これはもう取り方の正解は何かって以前の話で、止まると危険な速いランナーと、逆に止まらないと危険な遅いランナーとが共存しているってどういう事か「考える」必要があるお話だと思いました。


どうすれば早く走れるか、っていう話題は広まるのが早いですがこういう提起も広まって欲しいですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。