ずぼランナーの、いつかはサブ3

いま走りたくなるメディア「スポリート」の開発ディレクターでありサブ3.5の市民ランナー。きつい練習はしない。月間走行距離は100kmちょっと。

ロッキーおじさん

こんにちは、ずぼランナーです。



昨日の文春オンラインが、ロッキーおじさんのインタビューを掲載しました。
ランナーしか知らない人を、ランニングメディアではなく文春が取り上げるあたり


「その手があったか!」


と思ってしまいました。


ロッキーのテーマを脳内再生すると、何故か良いところでリピートがかかるのはおじさんの影響か!

体が悪いということで、無理しないで頂きたいですね。


個人的なロッキーおじさんへの思い入れというと、


残念ながらありません。


なんか、ちょっと世代がズレてるんですかね。


で、何だったらテンション上がるか考えてみました。


・ペガサス幻想


ピンポイント過ぎますね。


・B'z


RUNとか、BLOWIN'とか。疾走感のある曲。


世代感丸出しの曲しか出てこないし、勝手にイヤホンで聞けって話ですね。大会では危ないからイヤホンしませんが。


では、実際にマラソン中にテンション上がった応援といえば?


・青梅マラソンでの高校ブラスバンド


行きは宇宙戦艦ヤマト、帰りはZARDの負けないで


・小さい子が、自分のお父さんを応援してる姿


うちの子は応援に来たことありませんが、なんか見てて涙が出てくるのは何故でしょう。


ついでだろうが何だろうが、こんな趣味で走ってる見ず知らずの人を応援をしてくれるなんてありがたいですね。

オーバープロネーション傾向をチェックする

こんにちは、ずぼランナーです。

一昨日のロング走の時、ある事を意識して走りました。


それは、足の外側を使って走るという事。


薄々気付いてはいましたが、先日のお買い物ツアーで、オーバープロネーション傾向が発覚しました。


オーバープロネーションとは

http://www.asics.com/jp/ja-jp/running/pronation


オーバープロネーション傾向があるかを簡単にチェックする方法があります。


靴下か裸足になって真っ直ぐ立ち、後ろから足元の写真を撮ります。

手が3本ない人は、誰かに撮ってもらって下さい。


手が3本ある人は、写真を撮ったあと病院に行って下さい。


内側に「く」の字になっているわたしの足。

重心が内側にかかりやすい足です。


その場でぴょんぴょん跳ねながら動画撮影して、スロー再生すると、空中では真っ直ぐなのに着地して「く」の字に曲がる所がさらに良く分かります。



これは秘密兵器を使って、走ってる最中の足圧と重心の移動をチェックしているところ。

自分の感覚ではミッドフットで着地しているつもりでしたが、スローでみると踵からついています。


一瞬で足全体に体重が乗っているので、ほぼ足全体で着地しているといっても良さそうです。


問題はここから。

体重が内側(拇指球)を通って抜けていくところ。

もう少し外側を使ってもよいらしく、これが体全体のバランスが悪い原因のようです。


面白かったのは、足の外側を意識して走るとちゃんと外側に体重がかかっているのが目視できたこと。


あの足圧モニタを思い出しながら足の外側を意識して走ったことで安定性が増し、22km走ったわりに足の疲れも減った気がします。


当面の課題である「スタビリティの向上」のために、これこらも足の外側を使って走る事を意識してみます。


好きに練習しながらタイムがメキメキと伸びていく時期を過ぎて、タイムが停滞しだすと、EペースやらMペースやら、インターバル走じゃないって、練習メソッドにばかりに目がいきがちですが、こういった着地、フォーム、シューズといったマニュアルのないパーソナルな課題を洗い出すっていうのも大切だなと思いました。

夜のひとりハーフ(マフェトン理論)

こんにちは、ずぼランナーです。
昨夜、1週間ぶりに走りました。


仕事から帰って、子供が布団に入ったのが20:30。
からの多摩丘陵で22km走。


この日もいつものマフェトン理論で、心拍数だけを見ながら長くゆっくり。
ほんと、この練習向いてます。


インターバル走とかビルドアップ走とかダニエルズとか知れば知るほど、最初にそういうの知ってたら、マラソン嫌いになってたなぁ・・・って思います。


フォームの悪い所を指摘された時も思いました。
最初にフォームを正すトレーニングを教わってたら、マラソン嫌いになってたと思います。


わたしの他にもいるかは分かりませんが、自分を追い込むのが嫌いって方にはおすすめです。(食事はちょっとストイックにならないといけませんが)


30kmくらい走れるコンディションでしたが、次の日も仕事なのでやめておきました。
さすがに日付をまたぐと、走りながら寝落ちしそうになりますよね。

サブ4ペースを維持。


坂ってのもあるかも知れませんが、19kmあたりから急に心拍が上がっています。

最後まで気持ちよく走ったつもりですが、面白いものでこれ見ると体が気持ちよく走れていたのは19kmくらいですね。
糖質が枯渇したとか、体の中に何らかの変化があったと推測できます。


心拍数を維持しながら走れる距離をもっと伸ばして行きたいです。


---------------------------------------


これで今月の走行距離は81km。


今月あと何回走れるか分かりませんが、
100kmが射程圏内に入ってきました!